• ホーム
  • 制度
  • ストレスチェック義務化!社員の心の健康を考えるきっかけに

ストレスチェック義務化!社員の心の健康を考えるきっかけに

2014.08.12

少し前のお話ですが、弊社アットノエルのお客さまでもある、SNOMさんから、下記の情報をいただきました。

従業員数50名以上の事業所で、ストレスチェックの義務化が厚生労働省から発表されました。
もちろん、社内で対応する事もできますが上司が人事評価に使用しかねないという社内で行うことでのリスクが高いものになっております。
また、50名以下の事業所におきましても、努力義務という範囲で推奨されております。
大切な法改正の情報ですので、お知らせいたします。
ちなみに、SNOMでは、IT分野でも助成金を使用し、ストレスチェックとカウンセリングができます。
お客様にも、低コストでご対応していただくことができますね。

 

このニュースから感じること

社員数50人以上を対象に義務化されるようですが、だからといって50人未満の企業は関係ないかと言うと、決してそうではないでしょう。努力義務は課せられるワケですし、いずれ義務化される可能性が高いと見ている人も多いようです。

むしろ、こういった取り組みはどんどん加速されるべきですね。既に関連したサービスや取り組みがはじまっているようです。

このニュースを聞いて、少しでもネガティブな感情を抱かれた経営者さんは、多少なりとも自覚があるということ。これを機会に是非、前向きに取り組んでいただきたい。

リストラの材料にされることや、本音を引き出せず意味をなさない、労働者側の悪用等、が懸念されているようですが、せめて直接的な効果ではなくとも、経営陣の意識改革のきっかけになって欲しいと願うばかりです。

 

ストレスが溜まる前に

たしかに「ストレス」という目に見えにくいものを「見える化」することも大切です。しかしながら、ストレスが溜まりに溜まって、取り返しのつかないことになってからでは遅いということも考えられます。

ストレスが溜まってしまった人に対し、対策を行うのではなく、ストレスの溜まらない、溜まりにくい仕組みをつくることが大切ですね。

 

ストレスフリーな弊社も、明日(13日)からはお盆休暇です。
もちろん全社員きっちりお休みさせていただきます。

 

最後までお読み頂きありがとうございます!
シェアしていただけると嬉しいです!

  • この記事をシェアする
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水上裕之

この記事を書いた人
水上裕之

「伝えたい」を「伝わった」に変えていく!名古屋のWebサイト制作・コンサルティング会社「株式会社アットノエル」の代表をしております。企業文化を大切にしながら「どうしたら社員がもっと楽しく働けるか、働きやすくなるか」そんなことばっかり考えています。セミナー等でお話させていただくこともしばしばございます。

Instagram