• ホーム
  • その他
  • 「なんでも鑑定団」を見ていて思った「価値の公式」

「なんでも鑑定団」を見ていて思った「価値の公式」

2016.02.01

鑑定士のイメージ

アットノエル代表の水上(@onthewater16)です。

あつくるしい記事が続いていたので今日は少しゆるめに(笑)

なんでも鑑定団」っていうTV番組、ご存知の方も多いと思います。そのタイトルのとおり、芸能人や一般人の「お宝」をプロが鑑定する番組ですね。

時々見るんです、この番組。
骨董品自体にはあまり興味はないんですが、歴史的な背景や、知らない世界を見るのが楽しくって。

でね、これ見てて驚いたんですね。

驚いたその鑑定額

例えばこの縄文時代の土器。100万円ですって。(リンク先:写真下「OPEN THE PRICE」の赤いボタンをクリックすると鑑定額が出ます)

安くない!? たった100万円ですよ!?

いや100万円ってもちろん大金なんですけど、だって…縄文時代ですよ!? 1万年以上前ですよ!?

こんな「1万年以上前のモノ」なんて、どうあがいたってつくれないじゃないですか。それが100万円。

一方、この切手。なんとそのお値段4,000万円です。

時代だけみれば明治だそうです。縄文時代に比べたらついこの間じゃないですか。いやそれでも充分貴重なんでしょうけど。

モノの価値っていったい...

これね、「貴重」ってだけでは、価値は高くならないっていうこと。いやあくまで金銭的な意味での価値ですよ?

どちらも貴重。じゃあこの切手はなぜこんなにも高額なのか。

それは、喉から手が出るほど欲しいひとたちがたくさんいるから。縄文土器は残念ながらあんまりいないんですよね、欲しい人が。

贋作(偽物)なんてその最たるもの、だから安いわけです。きっとのこの贋作をつくるのだって、時間も手間もめっちゃかかってます。でも欲しい人はいない。だから3万円。

つまり価値とは

つまりこういうこと。

「価値 = 希少性 × 需要」

価値が上がるのも下がるのも、これらふたつの要素次第なんですよね。

例えば、どんなに貴重でも需要がなければ価値は低い。
どんなに需要が多くても、ありふれたモノの価値は低い。

まぁあたりまえのことかもしれないですけど。

 

だからと言って、この公式にのっとって「価値の高い商品・サービス」を生み出せばいいかと言うと、そうじゃあない。その価値を「誰のために」「どう生み出し」「どう伝えるのか」ってところが、またビジネスの面白いところなんですけどね。

ある晩、そんなこと考えながらこの番組を見ていた、アットノエルの水上でした。

最後までお読み頂きありがとうございます!
シェアしていただけると嬉しいです!

  • この記事をシェアする
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アットノエルではWebディレクターを募集しています

水上裕之

この記事を書いた人
水上裕之

「伝えたい」を「伝わった」に変えていく!名古屋のWebサイト制作・コンサルティング会社「株式会社アットノエル」の代表をしております。企業文化を大切にしながら「どうしたら社員がもっと楽しく働けるか、働きやすくなるか」そんなことばっかり考えています。セミナー等でお話させていただくこともしばしばございます。

Instagram