• ホーム
  • その他
  • ホワイト企業を経営するために必要な「勇気ある一歩」

ホワイト企業を経営するために必要な「勇気ある一歩」

2014.05.17

8893c661b55a2a2ad0e64156eeb4b2c1_s-579x296

 

アットノエル代表の水上です。こんにちわ。

社風をはじめ、会社の体質は、経営者の考え方で、ほぼすべて決まります。

経営者の交代で、業績が急激に回復したり(その逆もまた然りですが…)する話は、ニュース等でもよく耳にする話。逆に言いかえれば、経営者の考えさえ変われば、会社は変えられるということです。

 

日本の会社の古い体質

少なくとも、わたしが起業前に勤めていた会社では、どこも古い体質・文化が深く根付いてしまっていたように思います。一部の大手IT企業の華々しいイメージとは裏腹に、全体の多くを占める中小企業は、同じ業界とは思えない程、劣悪な労働環境です。

遅くまで会社にいることが偉い。熱があろうがなんだろうが、仕事をすることが偉い。結果的にミスが起きても、がんばったんだから偉い。

いちスタッフとして、何度か改善に臨みましたが、経営陣の考え・社風を改善することはできず、悔しい思いをしながらも、ずっと疑問に思っていました。

この業界で、安心して働ける会社、プライベートも大切にできる会社、いわゆるホワイト企業はつくれないんだろうかと。

でもできるんです。独立し、私が経営する会社では、実際できているんです。

何をもってホワイトかというお話になってしまいますが、少なくとも、「遅くまで会社にいることが偉い。熱があろうがなんだろうが、仕事をすることが偉い。」なんて文化はありません。

 

勇気ある一歩を

ブラック企業という言葉も一般的になり、未払い賃金など訴訟も増える一方、ワークスタイルの多様化もあいまって、会社・企業に求められることはひと昔前と随分変わりました。これらの背景にはインターネットが生活に欠かせないものとなり、そして個々の発信力を強くしたスマホ・SNSの影響も大きいでしょう。

ホワイトな労働環境をつくるためには、仕事の進め方等、細かな部分まで見直していく必要があり、かつ非常に大切なことです。 ただ、小手先の対策や改善だけでは、個人の仕事が多少効率化されるだけで、根本的な解決には繋がらず、すぐに元に戻ってしまうでしょう。

心のどこかで「仕方ない」と諦めてしまっていることはありませんか?

ただ待っているだけで会社は変わりません。

「同じ毎日」からは「同じ未来」しか生まれません。

「そのうち良くなる」というのではなく、経営者の「今から変える!」という強い信念に、勝るものはないのです。

でも、それを前向きにとらえ、その一歩を踏み出せる方の経営する会社は、希望の光に満ち溢れていると思いますし、社員の皆はそんな社長に一生懸命ついてきてくれるのではないでしょうか。

もちろん僕自身も、そんな経営者になれるよう、これからも努力し続けていきます。

最後までお読み頂きありがとうございます!
シェアしていただけると嬉しいです!

  • この記事をシェアする
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アットノエルではWebディレクターを募集しています

水上裕之

この記事を書いた人
水上裕之

「伝えたい」を「伝わった」に変えていく!名古屋のWebサイト制作・コンサルティング会社「株式会社アットノエル」の代表をしております。企業文化を大切にしながら「どうしたら社員がもっと楽しく働けるか、働きやすくなるか」そんなことばっかり考えています。セミナー等でお話させていただくこともしばしばございます。

Instagram